副理事長方針





2012年度 副理事長方針

副理事長 梶田 貴志 


~次代を担う青年のまちづくり~ 





【次代を担う時代の一歩】
なぜ我々はこの街に住んでいるのだろう。その答えは多岐にわたると思うが、とても魅力がある街だから、という声が一位だとは思えません。しかし、どのような答えが多数を占めていようとも、我々の住むこの街には、歴史や伝統、そして魅力が多分に詰め込まれていることは確かです。
「魅力ある街だから私はこの街に住んでいる」と、胸を張って答えられる街を作り上げることが我々の使命であり目標です。それはあまりにも大きなことの為、JCという一つの枠に囚われていては達成することは困難なことです。組織という概念を捨て、次代を担う街の青年として多数と協力し、一致団結してこそ成し得るものだと信じています。戦後から震災後と位置付けられた現在、この時代だからこそ出来るまちづくりに取り組まなければならない時です。今までの閉鎖した自己中心的な悪しき考えを払拭し、本来人間が持ちうる優しさやぬくもり、そして絆を最大限に生かしながら、より魅力溢れるまちづくりを目指していかなければならないのです。震災で垣間見た、日本人の素晴らしさを知る我々ならば、実現できるはずです。 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 
 

2012年度 副理事長方針

副理事長 須長  義晴 

~心のふれあう体験の中から~






【心のある強い青少年育成】
戦後、日本の人々は助け合い支えあって日本の復興をしてきました。現在、日本は経済も発達し、情報の共有化や環境の整備により便利で住みやすい国になりました。その反面、便利な世の中になるにつれて、設備のオートメーション化やメールなどのツールを使用することにより人と人とのふれあい(コミュニケーション)が減少しています。また、現代社会では知らぬ間に競争化の傾向が植付けられ、ゆとりがない人々が増えているような気がします。
だからこそ将来を担う子ども達は、多くの体験を通し、これからの人生に何が必要か見極められる力を身につける事が必要なのです。
 子ども達は、「東日本大震災」の影響により、余震や放射能といった不安な日々の中で成長しなければなりません。我々は次世代の子ども達に、このような苦境にも負けない強くて優しい大人になってもえるような事業、さらに子ども達が笑顔で未来に希望がもてる事業を行っていかなければならないのです。
 最後に、人は一人では生きていけないという事・苦しい時こそ心を一つにして何事にも立ち向かう事が大切だと事業を通じて学んでほしいと思っています。 
 我々は、子どもたちがこれから歩む道標の一つになるべく、自覚して子どもたちに接していかなくてはならないのです。
2012年度を子ども達・学生ボランティアと一緒に「学び・考え」喜びも苦しみも共有することで自分自身も成長していきたいと考えています。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

2012年度 副理事長方針

副理事長 安藤 克也 

~地域と企業を担う真のリーダーを目指して~






【全ては一心不乱に先頭に立つ】
日本経済が混沌としている時代だからこそ、我々メンバーが率先し地域貢献の出来る企業に成長していく時なのです。
我々は、次世代を担う青年経済人が多く集う団体であります。地域の発展とは、その土地の企業が元気よく発展を続け、雇用の面の充実や人びとが住みたいまちと考え、また魅力に溢れていることだと考えます。そしてその地域の発展に直接関わっているのが、我々青年経済人なのです。しかし、我々が積極的な行動を起こさなければ積極的な変化は起こりません。まずは自らが説得力のあるリーダーになり、牽引をしていくことこそが地域の発展へと繋がります。
我々は、真の経済を活性化していくリーダーであり、また真の地域を担うリーダーになるべく、一心不乱に刺激をしあい切磋琢磨し進んでまいります。
その真のリーダーになるためには、これからの企業経営、地域貢献を重視し今どの様な行動や判断をするべきなのかという、実際の経営にそのまま生かせる取り組みをしてまいります。
地域と企業を担う真のリーダーを心一つにして目指し、共に学び高いレベルでの刺激を求め、地域や社会に貢献できるよう進めてまいります。